スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PayPal (ペイパル)とは

GDI ビジネスをはじめるには報酬を受け取る準備が必要です。

GDI ビジネスでの報酬の受け取りは以下の3通りになります。

  (1) 小切手の郵送
  (2) Bank Wire/銀行振込
  (3) PayPal


小切手の場合には、換金時の手数料が2000円~5000円程度かかりますので PayPal (ペイパル)がオススメです。
日本語サポートもありますし、何よりもセキュリティーの高さは定評があり安心して利用できます。





以下、PayPal (ペイパル)について解説しますので参考にして下さいね。

PayPal(ペイパル)とは、インターネットを利用した決済サービスです。1998年12月に設立され、PayPal口座間やクレジットカードでの送金や入金を行っており、親会社は、インターネットオークションでは世界最多の利用者を誇る eBay です。

PayPalの仲介により金銭の授受をするため、取引先にクレジットカード番号や口座番号を知らせる必要がなく、安全なサービスといわれています。
また、無料で即座に口座が開設でき、口座維持手数料も無料で、利用手数料が安いことや決済方法にPayPal決済のみを採用している通販業者もいるため、米国を中心に普及しています。

日本ユーザーの利便性向上を目的に、2007年3月よりサイト全体の日本語表示が開始され、日本国内の電話問い合わせカスタマーサポートが新設されました。

オンライン銀行のように思われがちですが、PayPalは送金業務を行うだけで、銀行・ネットバンクではありません。
PayPalには銀行の様な口座番号はなく、メールアドレスで金銭の授受が行われますので、送金先のメールアドレスを指定して、PayPal口座から送金を行い、口座の残高が不足している場合は、クレジットカードから引き落とされます。
また、SkypeからPayPal口座に送金することもできます。

PayPal口座への入金には米国の銀行口座が必要ですが、他人の口座への振込には上記の送金の方法によりクレジットカードが使えます。
また、PayPal口座から日本の銀行口座にも引き出すことができ、引き出し手数料は、5万円未満は250円が必要ですが、5万円以上は無料です。

PayPalを利用するには、まずPayPalのアカウントを取得し、PayPal口座を開設し、クレジットカード、又はデビットカード番号を登録します。
そして、通販サイト側がPayPalに対応していれば、PayPalの決済ページでクレジットカード番号・個人情報などを入力するだけの簡単な操作で利用できます。

口座の種類には、以下の3種類の口座があり、いずれも無料で即座に口座が開設でき口座維持手数料も無料です。

・パーソナル - 個人の支払い向け
・プレミア - 個人事業主向け
・ビジネス - 法人向け


プレミアとビジネスの違いは、名称が法人名かどうか、複数人のアクセスができるかどうかの違いのみです。
また、パーソナルとプレミア/ビジネスの違いは、パーソナルの場合、PayPal間の振込手数料が無料なのに対して、プレミア/ビジネスは有料であり、また、PayPalでクレジットカードなどから、売上を立てる場合には、パーソナルの方が決済手数料が高く、年5回までという制限があります。

詳しくは ⇒ PayPal(ペイパル)公式日本語サイトのヘルプ】 

また、利用するに際し、フィッシング詐欺には十分注意して下さいね。

PayPal偽装スパムについてはこちら ⇒ PayPal偽装スパムとは】

スポンサーサイト

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mihomopr/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://freedomws7.blog74.fc2.com/tb.php/15-7ad279da

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。