スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDI 日本語登録方法

GDI の登録フォームは英語の画面ですので分かり難いと思います。
ここでは日本語の登録方法について説明します。

GDI 登録後1週間は、まったく無料で全ての機能が使えますので、実際に体験してみてください。
※ 1週間以内にキャンセルすれば全く費用はかかりません。

それではスタートします。 
まず、こちらのページを開きます。↓

GDI ビジネスFreedom.ws

開いたページのビデオの下にある、『今すぐサインアップ(無料)』と書いた赤いボタンをクリックし、GDI 登録フォームを表示させます。

GDI 登録フォームが開きましたか? 下のような画面が開いたと思います。

以下を参考に必要事項を記入します。


【GDI 登録フォーム記入例】  ※クリックすると拡大します。↓

GDI 登録フォーム


必要情報を記入して最後に下の方にある 【CONTINUE】 をクリックしてください。
すると、『GDI ドメイン選択画面』に進むと思います。
もしエラーが出た場合などはその内容を翻訳してみて下さいね。

↓参考までに↓ ※エキサイトのテキスト翻訳のページ
 http://www.excite.co.jp/world/
ここの画面に英語をコピーして張り付ければ翻訳できます。


【GDI ドメイン選択】

登録フォームが完了したら下の様な画面になります。
そこであなたの好きなドメインを決めましょう。

ドメイン選択   

あなたの希望するアドレス』に直接入力しても良いですし、その下の候補ドメインから選んでもOKです。
候補ドメインはあなたの名前から自動的に表示されていますので、好みのドメインがあればチェックボックスにチェックを入れます。
どちらかの方法であなたのドメインを決めたら画面の下の【CONTINUE】 をクリックしてください。

すると下のような画面に変わると思います。

ドメイン決定

ここは、確認画面で、ドメインを$10/月になっています。
□にチェックを入れて、右下の青いボタン【CONTINUE】をクリックします。

下のほうにもいろいろありますが、追加ドメインいりますか?です。

次は支払い方法の選択です。
PayPal (ペイパル)とクレジットカードの2種類から選びます。
クレジットカードの場合は左、PayPal の場合は右をクリックします。

クレジットカードの場合は左、PayPal の場合は右をクリック


PayPal (ペイパル)を選択した場合は指示に従えばPayPal (ペイパル)にログインして
そのまま登録が完了します。

クレジットカードを選択した場合は、下の画面を参考にして必要内容を記入してください。




記入が終わったら最後に【CONTINUE】をクリックしてください。
これでとりあえずは無料登録の完了です!お疲れ様でした!

スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。